柊のはっぱは尖ってる

好きなものの、好きなところを、好きなだけ

2019年の現場をちゃんと数えて思い出してランキングつけたりしてみる

こんばんは!
先日のアドベントカレンダー参加ブログはたくさん読んでもらえて、ツイッターでずっと未完成パズルとエゴサ(エゴじゃないけど)していたのですが、改めて聞いてくださった方もいて嬉しかったです。良き曲なのでみんな聞いてね!

今年は本格的にいろんなジャンルに遊びに行ったので、改めてまとめておこうかと思ったのでブログを書いている次第です。
ボイメンに遊びに行き(さすがに一番多かった)、舞台を見たり、声優さんの現場に行ったり、LDH系に行ったり…楽しかったなあ、今年も。

社会人2年目なんですけど、まあそこもいろいろと大変だったりしてて、そんな中でも生きる活力になってくれる僕が好きな人たちには頭が上がらないなと。
中目黒にも名古屋にも足を向けていられないのでどっちを向いて寝たらいいか教えてください。

というわけで1年を振り返ってみようと思います!

あ、数えてるのはライブだったり舞台挨拶だったりのイベント、コラボカフェ的なのに遊びにいく…などを数えてます。普通の映画はノーカン。いっぱい見たもんよ、HiGH&LOW THE WORST。

そしてなんでこんなのを書いているかというと友人たちに「えっこれ一緒に行ったじゃん!忘れてるじゃん!」というのを突っ込んでもらうためです。教えてね!!

 

1月
1/14 ボイメン名古屋夢まつり~ツッパリ町おこしお兄さん最強烈伝~
1/30スペシャルイベント(ナゴドでやらなかった曲やるよ祭)

2月
2/2 ジャンクション29舞台挨拶
2/10 ボイメン・ザ・ベスト ユニバイベ at 東京
2/28 土田ワールド

3月
3/2音泉>祭り 2019冬
3/15 THE IDOLM@STER SideM プロミ 315 SP@RKLING TIME WITH ALL!!!
3/26スペシャルイベント
3/26 SideM アニonカフェ

4月
4/7 MARINE SUPERNOVA LIVE 2019 昼/夜
4/10 SideM アニonカフェ
4/21 頭の中のフィルム リリイベ at モレラ岐阜
4/24 THE RAMPAGE LIVE TOUR 2019 "THROW YA FIST" さいたまスーパーアリーナ公演

5月
5/4 SideM アニonカフェ
5/8 土田ワールド
5/12 THE IDOLM@STER SideM 4th STAGE 〜TRE@SURE GATE〜
5/16 Cocoon 月の翳り/星ひとつ
5/21 Cocoon 星ひとつ/月の翳り
5/29 頭の中のフィルム リリイベ at アスナル金山
5/30Zeppツアー チケット手売り会

6月
6/9 頭の中のフィルム ユニバイベ at 東京
6/13Zeppツアー2019〜元気いっぱい全国大冒険〜 at 東京
6/17 土田拓海バースデーイベント
6/30 母のフラメンコの発表会

7月
7/2 つちゆたツーマン
7/5Zeppツアー2019〜元気いっぱい全国大冒険〜 at 大阪
7/22Zeppツアー2019〜元気いっぱい全国大冒険〜 at 名古屋
7/24 土田ワールド

8月
8/6 居酒屋えぐざいる(吉野・山本・後藤・龍 来店)
8/18 a-nation at 大阪
8/19 たこパ!~男だらけの夏祭り~ vol.2

9月
9/4 BOYS AND MEN HALL TOUR 2019 ボイメン劇場~令和旗揚げ公演~ at 東京
9/17 HiGH&LOW THE WORST vs THE RAMPAGE 完成試写会&PREMIUM LIVE SHOW
9/21 翔福翔来ファンミーティング2019〜以心伝心〜 昼/夜

10月
10/13 テレビ朝日 DREAM FESTIVAL2019
10/16スペシャルイベント
10/30 土田ワールド

11月
11/12 よみうりランド ハイローブース(特にイベントじゃないけど)
11/16 ガッタンゴットンGO リリイベ at ららぽーと湘南平
11/18 繭期大夜会
11/23 BOYS AND MEN HALL TOUR 2019 ボイメン劇場~令和旗揚げ公演~ at 静岡 昼/夜
11/28 BOYS AND MEN HALL TOUR 2019 ボイメン劇場~令和旗揚げ公演~ at 名古屋(追加公演)

12月
12/14 ガッタンゴットンGO リリイベ at ららぽーと立川立飛
12/21 ボイメン学園文化祭
12/25 ガッタンゴットンGO リリイベ at 名古屋市公会堂
12/28 ガッタンゴットンGO リリイベ at くずはモール

 

年末のギリまで楽しいことがたくさんあって、すごい一年だったなあと。
話したりはしていなくても、会いに行くという点では毎月ワン土田もできました。よかったよかった。

 

《2019年 楽しかったライブランキング》

1位 誠Zeppツアー2019〜元気いっぱい全国大冒険〜 at 名古屋(7/22)

2位 MARINE SUPERNOVA LIVE 2019 夜(4/7

3位 a-nation at 大阪(8/18

4位 HiGH&LOW THE WORST vs THE RAMPAGE 完成試写会&PREMIUM LIVE SHOW(9/17

5位 BOYS AND MEN HALL TOUR 2019 ボイメン劇場~令和旗揚げ公演~ at 静岡 昼(11/23

まあもちろん、明確に順位をつけれるものではないんですけど、とりあえずあげておきました。
1位に選ばれた誠ツアーの名古屋公演。東京大阪福岡と回って最後の地元、そして緑色・吉原くんのバースデーでめちゃめちゃ楽しかったです。ていうかこのツアーがとにかく楽しかった。ライブハウスでちょうどいいキャパシティで、がっつり、誠の持ってるパフォーマンススキルを全力投球でぶつけられた感じ。あと誠バージョンのFAKEがとっっっってもよかったので持ち曲にしましょう。毎回やれ。花柄セットアップの土田くんとツーショ撮りたい。

2位は声優さんのライブです。マリンさんという会社がやってる若手男性声優のラジオ番組とか歌を歌うユニットとかが集まってやったライブで、昼は二階席、夜は三列目でした。三列目死ぬねって昼の間自分の席の場所を見下ろしてたんですが、実際行くとすごかった。歌が上手いのはもちろんなんですけど近くで見るとみんな顔がいい。そして推し声優の千葉翔也さん(あだなはちばしょー)が思いっきり目線をくれたままワンフレーズ歌ってくれて死にそうになりました。目を離したい逃げたいのに離せない。ちばしょーは同い年なんですが本当に心から応援できるとても素晴らしい役者さんです。余談ですがこのときに叫びすぎたあとに喉風邪ひいて4月はほとんど声が出ませんでした。

3位はTHE RAMPAGEとBOYS AND MENが同じ日に出演したa-nationです。大舞台で頑張る二組を1日で見れたこと、大学の先輩な金爆さん、キンプリ(アニメの方)で曲がめちゃめちゃお世話になってるせいで謎に泣きそうになったりコール入れたくなるTRFさん、よく知らないけれどパワフルなパフォーマンスですごかった倖田來未さんとかとか、楽しかったなあ。フェスってたまに行くといいよなあっていう。

4位は9月に行われたHiGH&LOW THE WORSTの先行上映にプラスしてTHE RAMPAGEのライブもついてくるという超お得イベントでした。ライブはがっつり好きになってから初めてのライブ、好きな曲も増え踊れる曲も増え、楽しかったですね、ほんとに。ガランチードぶり?(何年前の話だよ)に山田裕貴くんを生で見ましたね…

5位はホールツアー!静岡公演が昼夜ともにセンブロ1桁代でめちゃめちゃ良席でした、超楽しかった!土田のボードが集合写真に写っているのですごく暇な人は探してみてください。

 

そんなこんなでぎゅぎゅっと濃厚な1年間でした。本当は接触の面白発言ランキング(「岐阜きたぁ!?」とか)とか今年リリースされた好きな曲ランキング(MIX IT UPはいいぞ)とか無限にやりたいことあるんですけど、まあそれはいつかにとっておきましょう。

2020年も推しに感謝し!なるべく健やかに!そして私生活も充実させたいと思います。
今年取れなかった資格を取りたい。
色彩検定とパーソナルカラーを取りたい。

そんなこんなで2019年もありがとうございました!

2020年もよろしくお願いします!

キミの力を貸して欲しいんだ!〜未完成パズル。〜

よこさんの【ボイメンわたしの1曲 Advent Calendar 2019】に参加させていただきました!日付変わるまで起きてられなかった!すみません!

adventar.org(企画お疲れ様です!いつもブログ拝読しております!私信!)

 

ぼくが選んだ曲は「未完成パズル。」です。
2014年11月12日に発売してます。5年前ですね。

最近の曲で似たようなテイストの曲を挙げるとすれば、「あなたに出逢えたこと」とか近いんじゃないかなあと思います。

この曲は以前のブログでもちょこっと書いたことがあるんですが、CD歌唱しているのは5人。
当時の人気投票の上位5位に選ばれた田村・小林・田中・本田・水野が歌っています。豊さんが主演、ボイメン全員が出演していた、「なぜ東堂院聖也16歳は彼女が出来ないのか?」のオープニングになっていました。

オープニングの映像が可愛いんですよ!
みれる機会があればぜひみてほしいです。

ライブで歌った回数はめちゃめちゃ少ないと思います。
「LIVE!LIVE!LIVE!」っていう謎タイトルの2015年冬フェスDVDで収録されてますけど、いまから買えないのでぜひ持っているオタクに借りてください!!

 

歌詞がめちゃめちゃ思春期。

履きつぶした靴を脱ぎ棄てて
川べりの芝生で寝転ぶ
宿題は手つかずで
鞄の中の Days

 みたいな。ドラマともシンクロするような学生らしい、もやもやした気持ちみたいなものが描かれています。

初めて聞いたのは多分リリースされた直後、さきにオタクになっていた友達に借りたCDでした。
当時はなかなか音源を聞ける場所がなくて四苦八苦したのをよく覚えています。短いMVのサンプルがあがっていればいい方で…

満ち足りている楽しい日々のはずなのに、なんだか寂しいような、不安がずっとこちらを見ているような、そんな気配。
ザ・思春期!

と、同時に、「好きな人(恋人)」への思いがじっくりと歌われています。
僕は「仲間」に向けての言葉だとも思っています。

前ばかりみてた 僕が振り返って
キミの歩幅に合わせる 感覚が
こんな 愛しいことだと知ったよ 

結成して4年が経ち、メンバーも13人〜11人体制に変わった頃で、はじめての冠番組や全員出演のドラマがやれるようになったころだからこそ、絆を感じる歌詞なんじゃないかなあといつも思います。
歌っているのがヤンファイや誠のいつもの組み合わせではないからこそ、余計に感じるのかもしれないです。

 

そして何よりも、ぼくたち応援しているファンに向けてに聞こえる言葉が多い曲だと思います。

未完成のパズルの最後のピース
1人でははめることはできない
キミの力を貸して欲しいんだ

僕らは誰もが未完成だから
笑い涙してまた走っていく
ここで 足りないピース探して

いつか最高の景色 みたくて
初めて会う新しい 自分を
もっともっと キミに見せたい
Brand new day!

これを人気投票上位メンバーに言われたらもう、もうですよ。そうじゃなくても胸を打ちます。

少しずつピースを集めてきた未完成のパズルは、いまどのくらい埋まってきたんだろう。

いつか見たいと願っていた最高の景色、近づいているのか、もう叶ったのか、どうなんだろう。

この曲が出ている頃はまだガイシを行う前・決まった後なので、そこに向けてってところもあると思うんですが、それから何年経ってもいろんなことを考えられる歌詞です。ほんとに。

 

 

ずっと、ずっとこれを推しである土田くんに歌ってほしいなと思ってきました。初めて聞いた時からだから、多分ずっとです。
「歌ってほしい曲があればコメントに書いてね〜」ってときには絶対書いてます。曲調もきっと彼に似合うと思うんです。

キミの力を貸して欲しい、なんてストレートな言葉を言われてしまったら、ぼくはできることならなんでもやりたくなってしまいます。

そのときのメンバー11人全員で歌うところが見てみたかったです。あったのかもしれないですけど。もちろん今の9人もみてみたいです。

今回皆さんが選ばれている曲の中でもトップクラスに披露回数も少なくて手に入れることも難しいCDではあるのですが、最近「ボイメン・インディーズコレクション」というアルバムがデジタルリリースされました!

music.apple.com

こちらなど各種配信・サブスクサービスなどで取り扱いがあるので、まずはぜひ聞いてみてください!
これ素晴らしいのはどの音源もリリース当時と同じメンバー・音源なのでおんなじものが聞けます。すごい!

未完成パズル。

未完成パズル。

  • BOYS AND MEN
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

music.apple.com

元気でかっこよくて楽しいボイメンとはまたちょっと違った、爽やかでしっとりしたボイメンも、冬の夜にはぴったりなんじゃないでしょうか?

長々とありがとうございました〜!

ボイメンのオタクがTHE RAMPAGEにハマった経緯を書き記す

こんにちは。皆様いかがお過ごしですか?
ぼくはこの一年を振り返っていました。いろいろあった2019年。ウィルス性胃腸炎で幕を閉じた2018年、推しにたくさん会いに行けたり、バースデーイベントが整番一桁だったり(前回ブログ のときのこと)、ボイメンがちゃりんこ10分のガチ地元にリリイベできてくれて推しに「五年も待たせてごめんな(意訳)」みたいなこと言われたり、LDHのグループにドドドドハマってしまったり。

FANTASTICS from EXILE TRIBE や GENERATIONS from EXILE TRIBE は、ボイメンとおなじイベントに出たりしてました。めちゃめちゃ好きになってます
(ほんとはそのイベントに参加した時に途中まで書いてたブログなんですけど直して書いています)

でも一番好きなグループは THE RAMPAGE from EXILE TRIBE です。

自分でもびっくりしました。なんでハマったんだろう。
出会いは「PRINCE OF LEGEND」でした。

大ヒットシリーズ「HiGH&LOW」を手掛けた製作陣が再び集結し、
世に送り出すのは「王子-PRINCE-」。

「ある日突然、目の前に白馬に乗った王子が現れ、自分と恋に落ちたら———」
平成の終わりが近づき、新時代の幕開けを目前に控える今、すべての女子たちの
“シンデレラ願望”を叶える、刺激的かつ極上のプロジェクトが誕生した。

その名も、<プリンスバトルプロジェクト>。

「セレブ王子」「ヤンキー王子」「生徒会長王子」「ダンス王子」「先生王子」「美容師王子」と、
圧倒的なルックスを誇る、個性豊かな王子たちが大渋滞!!
彼らが「伝説の王子」になるべく、かつてないバトルを繰り広げるこの物語は、
映画の枠組みに留まらず、【TVドラマ】【LIVE】【ゲーム】と、
あらゆるメディアと連動する究極のプロジェクトとして始動。

その第1弾となる、2018年10月期に放送された連続ドラマ「PRINCE OF LEGEND」(NTV)は、
深夜枠にも関わらず放送開始から大きな話題を集め、舞台はついにスクリーンへ。

長らく日本映画界を彩った“胸キュン”の時代は終焉を迎え、
王子たちによる聖戦<プリンスバトル>が新時代を席巻する! 

ホームページからコピペしてきましたが、割と何を言っているかわかりませんよね。 僕もわからなかった。見たらハマった。ものすごくハマった。

ちなみに現在続編が放送中なんですが、王子ではなく「貴族」がテーマになっていて真剣に意味のわからないことになっています。
意味はわからないが、顔はいい。
でもあまりにも意味がわからないのでプリレジェより万人に勧められないと言うすごいものになっています。

あらすじを説明するのも難しいコンテンツなんですが、要は14人の王子(美しく尊い男のことをこのコンテンツでは呼びます。別に国を背負ってるわけじゃない)が伝説の王子を目指して競い合うお話です。ハイローと同じようにLDHのアーティストや劇団EXILEなどから出演していたりしますが、ほかにも塩野瑛久くん・飯島寛騎くんという「男劇団 青山表参道X」のふたり(この2人といえばキョウリュウジャーとエグゼイドですよね)とか、朝ドラにも出演された清原翔さんも出演されてました。あと加藤諒くんとか。

個性豊かすぎるわけのわからない14人の中で、1人ものすごく性癖に刺さる王子がいました。

〈ダンス王子・レッド 天堂光輝 / 吉野北人くんです。


PRINCE OF LEGEND / Special MV 「Teamネクスト」

このチームの赤髪のセンター、彼が天堂光輝くんです。
光輝くんは作品のヒロインである果音さんに憧れて、彼女を守れるような強い男になりたい!とその背中を追いかけて同じ高校に進学し、ずっと想ってきた少年。
作品の中で勇気を出して果音へ想いを伝える場面で、ノックアウトでした。だめでした。確実に好きでした。好きのオンパレードでした。ここで語ったら数万字になってしまうので一回ここで終えます。いつか書きたい天堂光輝くんの魅力。

そんな光輝くん、そして同じくチームネクストの〈ダンス王子・ゴールド 日浦海司 / 藤原樹〉〈ダンス王子・ブラック 小田島陸 / 長谷川慎〉の2人、〈チーム京極兄弟 ヤンキー王子・弟 京極竜 / 川村壱馬を演じている4人がTHE RAMPAGE(以下長いのでランペ)のメンバーでした。

あまりにも光輝くんが良すぎたんです。キャラクターがもちろんなんですけど、吉野北人くんの初演技だからこその初々しさが相乗効果で光輝くんという存在が文字通り素晴らしく光輝いて見えました。必然、中の人も気になりました。

話は逸れますが僕が人類で一番なりたい顔は 高杉真宙くん です。
何よりも美しいので神が本気で作った唯一の人類だと思っているのですが、天堂光輝くんを演じている吉野北人くん、これものすごく褒めているんですけどジェネリック高杉真宙って感じしませんか??

顔がすごく好きでした。普通に好きでした。
そして歌が上手い。ボーカルらしい。オーディションにEXPGではないのに勝ち抜いたとのこと。……え、それってやばいのでは。
調べて行くと当然MVに行き当たります。曲はかなりヒップホップより。ごつい。オラオラしている。アクセサリー重そうで服も重たく動きづらそうか脱いでるかの両極端な人たちがたくさん踊っていました。

メンバーの人数は16人。

ボイメンは13人くらいの時期を知ってます。それよりプラス3人。D2(今は合体しましたが、元々はD-BOYSの弟分でした。今をときめくひとだと山田裕貴くんとか、志尊淳くんとか…)と同じ人数だなあと思いました。

ボーカルが3人、パフォーマーが13人。ダンサーとは呼ばないことをそこで初めて知りました。

一番最初に「おっええやんけ」となったのがこの曲でした。


THE RAMPAGE from EXILE TRIBE / LA FIESTA (Music Video)

エロい。そしてかっこいい。えっ、かっこいい。瞬間瞬間知ってる王子が出てくる!えっこの人が竜ちゃんの人!?全然ちゃうやんけ!

こういうのは気になる人や好きな曲ができてしまうとダメです。そしてすでに詳しい友人がいたりするともう本当にダメ。自分の性癖を理解している友人が繰り出す鋭角なプレゼンでノックアウト。
犯人はボイメンで出会った仲良しで大好きな友達で、ボイメンはほぼ降りてLDHに移住していたのです。

この曲いいよ!
このメンバーこうだよ!
この記事読んだ?
この動画いいよ!
LINE MUSIC入ってる?全曲あるよ?
えっもうライブ行っちゃおうよ!
アリーナツアーやってるよ!
さいたまスーパーアリーナ4DAYSだよ!
初めてでも絶対楽しいよ!まだチケットあるよ!

 

 

うん……

行ったよね……

 


4月24日のさいたまスーパーアリーナ公演に参加しました。

変な話、EXILE系のファンに対してすごく偏見がありました。
イケイケな女の子とか、男のファンなんてみんな剃り込み入ってサングラスかけててタトゥー入ってごついアクセサリーをつけているんだろうなあ…という、イメージ。負けないように持ってるアクセサリーめちゃつけてカラーワックスで髪を赤茶色にして(これはただの強火天堂光輝推しだった)全身真っ黒盛ってるシルバーアクセ全付けにして…そんな感じで向かいました。

実際たまアリについてみて、というか向かう電車の中から、偏見だったなあと反省しました。チノパンチェックシャツの見るからに陰キャな男の子がランペのタオルを持っています。大人しそうな制服姿の女の子のカバンにTHE RAMPAGEと書かれています。怖い人ばっかりじゃない!

もちろん偏見にどストライクな感じの人もいましたし、ボイメン現場にもいるような量産型系の子もいました。全然居れる!居心地悪くない!この現場、全然通える!という気持ち。

物販で500円のフラッグを買い、座席に行きました。たまアリの500レベルでしたが、ステージ正面方向だったのでむしろ近く感じて、楽しみだーっていう。三日前くらいにチケットを取ったのでそんな席でしたが、たまアリは何度も通っている会場なので(水樹奈々さんとか水樹奈々さんとか)余裕のよっちゃんでした。その次の月にSideMで行くことも決まってましたしね!

ライブが始まると、会場は真っ暗でした。
ここ数年行くライブが基本的にペンライトを持って見るライブがほとんどだったので、持たないライブがものすごく新鮮でした。そしてみんなフラッグを振っている。
ステージからアリーナを縦断するように長い花道があって、そこに16人が立っている姿を見た時、あまりにもカッコ良くて叫びました。

動画がこちら

www.youtube.com

観客もみんな叫んでますよね。たぶん行った日が撮影日っぽい(?)のでこの絶叫の中に僕もいるっぽいです。違ったらごめん。
ペンライトがない分、演出による光の効果がものすごくカッコ良くて、余分な光がない分暗転がちゃんと暗転になるんですよね。急に消えたり現れたりするんですけどそれが何もかもかっこいい。

離れていてもわかるダンスのキレ、16人いるからこその迫力、引くほど歌が上手いボーカルたち、そして曲がいい。MVで見るより生だと断然いい。自然に体が揺れて踊ってしまう感じ。心地いい。

バンドさんが帯同してたんですよね。それもイメージとは違っていたので驚きでした。音源でもいいなあと思ってた「Over」という曲(ドロドロ恋愛系の大人っぽい曲)がすごくドラマチックにアレンジされていてめちゃめちゃいいやんけと前のめりだったのを覚えています。割と序盤にMVで撃ち抜かれた「LA FIESTA」もやって、めちゃめちゃに満足、ひたすら楽しい平成最後のライブ納めでした。

アンコール終わりにはサブライズで GENERATIONS from EXILE TRIBE が登場して、その夏に発売した BATTLE OF TOKYO*1 の曲を初披露したり、初めてで大当たりな1日でした。めちゃめちゃに楽しくて幸せで、ノックアウトされて帰りました。

そしてモバイル会員になり、ブログを読んで悶絶し、アルバムを買い、雑誌を買い、居酒屋えぐざいるに先ほどの友達と向かったりしました。

f:id:holly_hachimitsu:20191013074337j:plain

そしたらまさかのその日に THE RAMPAGEから4人、山本彰吾くん(友達の推し)・龍くん・後藤拓磨くん、そして吉野北人くんが来店されました。

そしてこの通路を通って行きました。

死ぬかと思った!!
だってたまアリで500レベルから、数十メートル?数百メートル離れて見てたんですよ!?そしたら目の前ですよ?
顔があまりにも小さかった、たぶん待ち針のプクってなってる部分くらいしかなかった。天才のお顔だった。ジェネリックとか言ってごめん、あなたはあなたのお顔が素晴らしい。そなたは美しい。友達と2人で震えながら理性をなくしていました。いろいろあってリスケした末の結果だったので、「弊社に感謝だね…」「それな…」「生きててよかったね…」「ほんとにね…」と呆然としながら帰りました。

 

この時にも思ったのですが、あまりにもコンテンツが大きすぎるということ。
痒いところにも手がとどくし、オタクに優しい。人権のある現場ということです。

居酒屋えぐざいるさん、まず暑いからと氷とタオルの入った洗面器が各テーブルに置かれて「これで冷やしてくださいね〜!」と。優しいかよ!なんだそれ!でもあまりにも優しさに慣れてなさすぎて使い方がよくわからなかった。申し訳なかった。人権ある接し方をされるとびっくりしてしまう。

わけわからない長蛇の列に延々並ばされるとか、詰めろと言われても詰めないオタクとか、そういうのないんですよ!

男性ファンもわりと人権があります。まああってもなくても気にしないんですけど。ボイメンで約5年過ごすとそのくらいの図太さは身につきます。

ランダムグッズのイラストだけなかなか慣れられなかったな…今もう慣れましたけど、わざわざ推しを手に入れようとはあんまりなれないです。可愛いとは思えるようになった。

ブログを読むのに有料モバイル会員にならなきゃいけないってのは結構ハードル高かったですけどね。でもTRIBE MOBILE会員になれば三代目・ジェネ・ランペ・ファンタ・バリ、そして劇団EXILEのブログが読み放題なので、一度どこかのグループに落ちてから他グループを覗き込むのはすごい簡単になっています。そこはいいところですね。
来年、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBEという別グループのホールツアーに行こうとしています。ちょろい。

 

そして夏にはボイメンも参加した〈a-nation〉の大阪公演にも参加しました!ボイメンもめちゃくちゃ楽しくて、ランペもめちゃくちゃかっこよくて、今年の遠征ランキングトップ3に入ります(ちなみにナンバーワンは誠Zeppツアーの最終名古屋公演)。

 

そしてパフォーマー武知海青くんがドドドリアコ枠だと気付いてしまい冬になった現在はどちらかというと武知海青推しになるという、入口と出口が変わるパターンでした。
仮面ライダー鎧武で駆紋戒斗/仮面ライダーバロンを演じていた小林豊さんから入って決まらない紫に落ちたボイメンの時と同じだね!

武知海青さん、LDH最強の筋肉とか言われていていつも自分の認識の4割増しくらいで筋肉があるんですが、笑ったり喋ったりするととても年齢相応むしろ幼く見えて、自分の頑張ってること以外に自信がなかったり、でもめちゃめちゃ努力家で今年はボディコンテストで総合優勝したりとすごい人です。
まさか筋肉担当を好きになる日が来るとは思わなかったんですけど、すごくしっくりきています。ハイロー出て欲しいな!!!

www.youtube.comこれめっっっっっっっっっちゃかわいいから見てください。

来年の2020年は〈LDH PERFECT YEAR〉という6年に一度のお祭りイヤーらしく、各グループがたくさんライブやイベントをやります。ランペも単独アリーナツアーが冬に!初日の静岡公演のチケットをなんとかつかみとることができました。

 

ギュッとミュージックという番組で共演(推しは不在)したりとか、いろいろ言いたいことはあるんですけど、似てるようで全然違う人達だなあと思います。

あくまでもアイドル(というか町おこしお兄さん)と、アーティスト。
パフォーマンスの種類がまた違うんですよね。
みんなの目指すものも違うし、全然違う。だからこそ全然違うスタンスで応援できてるんじゃないかなあと思います。

ちゃんと育てられてる感は否めないですよね。
モーニング娘。とか、前述したD2を応援してた時にナベプロの人たちを見ていても思いましたが、ちゃんと育成する環境が整っていて、事務所もちゃんとしてて、そしてその中で先輩たちにリスペクトをしっかり表明しつつも、先輩たちとは違う新しいことを表現したいと努力してる姿がいいなあと思います。

名門校っていう感じ。ボイメンは突然出てきた田舎の奇跡の強豪校。後輩も育ちつつある…みたいな。イナズマイレブンで言えば雷門中なのかも。ほんとは名門でしたけど。ランペは木戸川清秀かな。

現場に行くたびに「異文化交流や…」って思いますが、だんだんそれもなくなってきました。なれてきた。

来年はどんなバランスになるのか、はたまたまた別沼に落ちるかわかりませんが、今好きだと思うその瞬間の一番を大切に、楽しく健やかにオタ活していきたいなーと思います。

最後に…ランペはいいぞ!!

*1: GENERATIONS・THE RAMPAGE・FANTASTICSBALLISTIK BOYZEXILE TRIBE後輩4グループが総当たりでコラボする企画。よくわからない世界観でバトルしてる。すごい良い

推しのバースデーイベントに向かいながら

こんにちは!

100日ブログを早々にくじけたでおなじみの筆者です。

今日は推しの、土田くんのバースデーイベント。


もちろん当日は過ぎてます。6月15日ですから。でもバースデーとして直接祝える今日が本番みたいな気持ちにもなっちゃうし、なんともいえないところです。


直接祝いに行くのは、3回目かな。

初めての年と2年目はまだ名古屋にいくのが怖くて行けなくて、3年目で初めて。

ボイワ(定期開催の映画館で行われる個人イベント)って形だったけどとても楽しかった。そして何故か下ろした服が本人と被った。男オタクの業を感じた。

4年目は今日と同じ、常設劇場のBMシアターにて。すごく後ろの方でにやにやにこにこしながら幸せな気持ちで見守っていたことをよく覚えています。

そして今日。


推しになってもう4年5ヶ月くらいらしいです。きっかけの日と初めて会いに行った日は数ヶ月ずれてるんで、人によっては「そんなんちゃうやろ」って言われるかもしれないけど、その日がなければ今日はないです。だからやっぱりその日からだなって思います。

ちなみにきっかけは初夢に出てきたことです。縁起がいいでしょ。


いや、とくに何を書きたくて書いてるわけでもないんですけど、最近思うことはいろいろあって。


僕が土田くんのオタクになってすぐのころ、ARCの発売とかだったのかなぁ。その頃にいたオタクはもう、全然見かけないです。

いや、もちろんまったくではないんだけど、最近行くと知らない人ばっかりだなあと思います。

それはもちろん良いことです。新しい人がどんどん増えていかなきゃ商業コンテンツとして死んじゃうのもわかってるし、もっともっと大きいボイメンになっていくためには当たり前だけどファンをファミリーを増やしていかなきゃいけない。


でもいなくなった前のファンは?いいの?


いろんな事情があるだろうし、別に責めてるわけじゃないです。怒ってるわけでもない。

他にもっとすきなものができた。

推しに飽きた。

仕事が恋が家庭が忙しい。

生活環境が変わった。

そんな理由なら良いなって思います。わざわざこんなこと書くのは、僕が思う離れていく理由は、ボイメンが、スタッフが、事務所が、ああだからなんじゃないかなぁってことです。 

自分もそう思うし、そうして離れていく友達が何人もいました。


不透明にいなくなっていく弟分たち。

ギリギリにならないとわからないスケジュール。

手際の悪いスタッフの対応。

ライブ中のコントではいつまでたっても誰かを下げて笑いを取ろうとする。


もっと、ほんの少しでも、頼むから、ちゃんとしてくれないかなぁ。

そう思いながらこんなに時間が経ちました。ここまで追ってこられると思わなかった。ぜったい自分も、呆れて冷めていなくなっていく友達のようになると思ってた。


そうはならなかったのは、ひたすらにメンバーが大好きだから。

推しはもちろん、だけじゃなく全員が好きだから。

もっと見てたい、夢を叶えてほしい、喜んで笑ってほしい。


ライブやイベントに行けばたくさん元気をくれる。あー!このために生きてるんだなぁって思わせてくれる。

仕事に行きたくない朝も、帰りたい休み時間も、疲れ切った夜も、直接会ってなくてもチカラをくれる。次はいつがライブか、死ねないな!って思わせてくれる。生かされてる。


自分が向こうに返せるものなんかほんのちょっとしかない。視聴率にも貢献できない地方オタクなんていらないかもしれない。

ソコソコの枚数しか積んでないオタクなんかいてもいなくても変わらないかもしれない。

女の子みたいに気を使わずリアコ対応しなくていいとか、それくらいしか男なんかいいとこないかもしれない。


行くたびに、帰るたびに、不安になる。

今だって不安だ。すごくすごく不安だ。


だけどそれでも、嘘だと思うけど、毎回毎回「またきたな!ありがとうな!またな!」って言ってくれる推しが大好きだ。つまらないこと言っても笑い飛ばしてくれる推しが好きだ。

あぁ、ここにいて良いんだ。と許されてる気持ちになる。お仕事なのはわかってるし言葉全部を信じてるわけでもないし、そんなに自信過剰にはなれないけど、それでも推しにね、出会えてよかったなぁって思うわけです。

ここに居たい。

ここに居るために日々を頑張りたい。

そう思わせてくれるってすごいんだよ!って伝えたい。


尊敬と憧れと、感謝がたくさん。

時間を重ねれば重ねるほど、思い出が増えれば増えるほど、どんどんどんどん、たくさんになっていく。


そしてこれから先も、増やしていけたらと思う。いけると思う。忙しかったり辛かったり、いろんなことが待ち構えてるし、仕事もバタバタしてたりするけど、それでも続けていけると思う。気持ちや体が追いつかない日もあったりするけど、負けないと思う。


これからも「またな!」と「またね!」を繰り返していきたい。


バースデーの日だからこそ、改めて。



そんな決意表明みたいな惚気みたいな、わけのわからない文章になりましたが、そんな感じで、


本日、名古屋栄のBMシアターにて!

18時開場!19時開演!

なんと特典会はチェキ!チェキだよ!!

詳しくはここをみてね!

https://boysandmen.jp/contents/250937

わかんないけど当日券出るんじゃないかな?


そして、2017年に作った愛が激重いと友人ドン引きだった土田くんハピバ動画をにこにこにあげました〜!


つちだせいたん`17
https://nico.ms/sm35270281?cp_webto=share_others_iosapp


自分が好きな土田拓海を詰め込んだので、見ると同担解釈違いかどうかがわかると思います。暇ならみてね。



というわけで宣伝もばっちり。

まもなく高速バスに乗りかえです。

ではでは、


行ってきます!

89でしょ、88でしょ、…あれ?

88、はっぱじゃん!

というかいい加減絡めるのがキツくなってきました。いやしんどいね。うん。
 
昨日の研修でクレームについて勉強しました。詳しくは書きませんが、その中で感じたことは、彼らはすごいということです。
 
土田くんも先日9月のボイワ(ボイメンワールドの略。名古屋駅近くのミッドランドスクエアシネマにて行われる各人がわりと好き勝手できるソロイベント)にて話していましたが、現状ボイメンとの会える機会、接触は「CD1枚=握手10秒」というものがメインです。ナゴドの手売り会はどのぐらいの時間かはまだ参加していないので知りませんが、それよりは少し長いと思われます(値段が違うからね)。
「その中でちゃんと楽しんでほしいから、悩むし、ちゃんと楽しませることができたかな?って反省する」みたいなこと(めちゃめちゃ意訳)を話してました。
僕はいつも楽しいのですが、わりとたくさん券があるときは話題が尽きることもあります。全然あります。
そんな時の会話レポです。

れ、列の回転早すぎて話すこと用意できなかった

土「まじか笑」

あ、あー、じゃあさ

土「おうおう」

逆になんか聞きたいことある?(投げやり)

土「仕事以外でなにしてんの?」

(即来ると思わなくて真顔)

なにしてんだろ

土「答えられないんかい!」

げ、ゲーム!!

こんなやりとりもありました。いや悪いのは自分なんですけど、それを踏まえてもすごいですよね。オタクに聞きたいことがあるわけないのに、こんな風に返してくれて、笑いになって、楽しかったー!ってなる。まぁ何枚も握手券持ってるからこそかもしれないですが。
冷静に考えたらそもそもオタクの質問に10秒で応えている。答えきれていなくても、応えることはできているわけじゃないですか。それってすごいですよね。接客業としてクオリティ高いですよね。
もちろんもっと短いくだらないやりとりになる時もありますし、きっとメンバーごとにいろんな個性がありますし、みんながみんな毎回そうではないと思います。でも確かに言えるのは、全員楽しませてくれるプロだなってことです。
当たり前かもしれないですが、すごいです。リリースイベントの10秒握手だからこそ、気軽に遊びに行けるのもいいところですよね。ちょっとライブが良かったな、とか。さっきのソロパートめちゃくちゃ良かった!とか、あのお仕事!あのブログ!あの〇〇!とかとか、どんなことでも受け止めてくれます。
それって当然なのかもしれないけれど、すごいですよね。
だからみんな、怖がらずにいってみてください!という話。
 
研修中も同期にいろんな話をして、かなりボイメンが広まってきました。楽しいね!(自分が)
良さを本当に伝えられているかわからないですが、楽しいことは伝えられているみたいです。行こうかなぁ、とか言ってくれる人もいます。とても嬉しい。
そんな研修も終わって、何人かは「今度会うのはナゴヤドームだね!」って人もいました。休み取ってくれるかなー!楽しみだなー!(ブログを伝えたので私信を送る)
 
 では今日はこれでおしまい!

明日もきっと、いいことあるよ!

 

PS. リクエスト、話題、感想、文句、どんなものもお待ちしております → https://odaibako.net/u/holly_DBMYM

90年経っても、何年経っても

たぶん認知症になってもドギマギ、レディバイ、ドドンコのコールは入れられると思うんだ。だからよろしくって母(僕の布教でオタクになりました)に言ったら「いやその頃私いないから」と言われました。確かに!

おはようございます。研修三日目の朝です。


なんだかドームが近付いてきたなぁ、と実感することが増えました。メンバーの活動もそうですし、ブログやいろんなところでもそうです。ナゴド以降の仕事の予定もちらほら見かけるようになったり。

不安だなぁと思うところもありつつ、できるかぎり応援はしていきたいと思います。


というわけでまずは手近なところから、東海やこれそうなエリアの子をナゴドに来てもらえるように布教をしまくりたいと思います!

今回の研修の裏テーマです。いぇい。

微々たるものかもしれないし、日曜祝日に休むのは厳しい業界ですが、それで1席でも2席でも埋まれば良いなって思います。


あさから真面目か!

いや、埋め込みとかリンクとかがスマホからうまくできないので(できるのかな…教えてください…)文章メインになっちゃいますよね…

というわけで、ダイマにおすすめの動画やブログなどあったら教えてください!


では今日はこれでおしまい!
明日もきっと、いいことあるよ!


PS. リクエスト、話題、感想、文句、どんなものもお待ちしております → https://odaibako.net/u/holly_DBMYM

91回じゃ足りないくらい

めっちゃ、めっちゃ好きだった…

無事にスカッとジャパン見れました。ありがとう研修の仲間たち。ありがとう静岡の電波。ありがとう一緒に喜んでくれた同期。ありがとうフジテレビ。


そんなわけで四泊五日の研修です。

初日は割と余裕があったのでのんびりブログが書けています。

そしたらブログがきました。

https://ameblo.jp/boysandmen/entry-12412181478.html


あー!!これは結婚です(結婚ではない)ほんとうに、ありがとうございます。

研修はしんどいですが、これはしばらく頑張れます。とりあえず録画を見るためにちゃんとやり終えて帰りたい。帰りたい。


では今日はこれでおしまい!
明日もきっと、いいことあるよ!


PS. リクエスト、話題、感想、文句、どんなものもお待ちしております → https://odaibako.net/u/holly_DBMYM